K18とPtの違いは??(加工編)

ジュエリー

こんにちはG・Gです(^O^)/

実は私、ブログ登場2回目です。

今年もスタートを切りました!
この一年元気に仕事が出来、多くのお客様、そしてクラフトマンとして工具に感謝しながら、邁進していきたいと思っていますヽ(^o^)丿

本日は、クラフトマンならではの、ジュエリーに使われている地金のお話をさせて頂きます(^○^)

毎日、リペアリフォーム鍛造リングネームジュエリーを作成するにあたり、非常にそれぞれ気を遣います。

リペア、リフォームはお客様の商品に対する強い思い入れがあるので、絶対に失敗は許されません。

そして、ロー付け(地金と地金を接着させる事)等は、K18は融点が1063°と低いので、線が細くなると融点が下がるので失敗(溶ける)の恐れがあります。
プラチナは融点1770°と高いのでその心配は皆無です。

鍛造リング作成に関しては、

純度最高クラスのK24Pt999共に硬度(硬さの単位)が低い為・・・

【K24】
には銀・25%入れてK18YGに、5~6%・19~20%入れてK18PGに、
【Pt】にはパラジウム5% 10% 15% と入れてPt950 Pt900 Pt850 として使用しています。

Ptは粘りがある為、ハンマーで何度も叩いて伸ばしても大丈夫ですが、K18YG・K18PGは粘りが無い為、製品になるために熱を数十回加えて、柔らかくして成形しないと地金が裂けたり割れたりします。

それぞれ製品になる為にハンマーで何百回と叩いて地金の密度を上げて仕上げていきます。

お客様の大切なジュエリーをこうして一つ一つの工程に思いを込めて作り上げる事が出来るこの仕事は、何より私の生き甲斐です!!

そして、今年も元気に仕事が出来るように健康に気をつけて良い年にしていきたいですね(^O^)/

皆様も本年も良い年になる事を心よりお祈り申し上げます!

ANGELRY INOKO 鍛造リングで作る自社ブランド「Ailes」
https://a-inoko.co.jp/bridal-ind/ailes/marrige/

ANGELRY INOKO ジュエリーリフォーム
https://a-inoko.co.jp/jewelry-ind/jewelry-reform/

ANGELRY INOKO ネームジュエリー
https://a-inoko.co.jp/jewelry-ind/ailes-jewelry/


メールでのお問い合わせはこちら


LINEでのお問い合わせはこちら


ANGELRY INOKO アクセス

愛知県一宮市
結婚指輪・婚約指輪・ジュエリー・時計専門店
ANGELRY INOKO  エンジェリーいのこ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました